トップへ » 当院の特徴 » 審美治療

【審美治療】機能・耐久性はもちろん、美しさにもこだわる治療

審美治療

手間も時間もかけた、最大限の効果を発揮する審美治療を提供しています。そのため、率直に言ってしまうと、どうしても「費用」がかかってしまうこともあります。

なぜ当院の審美歯科治療では、「費用」がかさんでしまうのか?
患者さまによっては、「歯科治療というのは、どこで受けても同じじゃないの?」と思われている方もいらっしゃいます。しかしながら、実は「治療の質」は歯科医院によって全く異なるのです。

例えば、同じ白い被せ物を入れる治療でも、

●当院では美しく長持ちする歯を提供するために、他の医院に比べて何倍ものステップを踏みます。
●一流の技工士の方にお願いをし、被せ物そのものの素材はもちろん、模型材や型取りの印象材にまでこだわり、限りなく天然の歯に近いフィット感・機能を持たすようにしています。
●日夜、最新のセミナーや講習会に参加し、技術習得に手間と時間をかけてのぞんでおります。

そのため、どうしても材料費にプラスして、「技術費」というのがかかってしまうのです。そのことだけは患者さまには理解をして頂きたいと考えています。しかしその分、機能・耐久性はもちろん、美しさにもこだわるプロフェッショナルな治療の提供をお約束いたします。

審美歯科について詳しく知る

審美治療「歯が痛い」といってご来院いただく患者さまは、痛みを取ることを望まれています。でも、本当にそれだけでしょうか。多くの患者さまは治療をすることで痛みが取れることはもちろん、よく噛めるようになったり、以前よりも歯並びが良くなったりすることを期待されています。

当院の審美治療は患者さまが「痛くない」「よく噛める」などの当たり前のように求めているものはもちろん、見た目の美しさや持ちの良さも追求して治療をします。

患者さまのお口にフィットする被せ物や入れ歯を提案し、少しでも長持ちするようにキレイに、丁寧に治療を進めていきます。

お口のすべてを任せられる。そんな歯科医院に出会ってますか?

唐突にお聞きします。あなたは一本の歯だけで物を噛んでいますか?もちろんそんなことはないですよね。

当然ですが、一本の歯だけでは物を噛むことはできません。上の歯と下の歯が噛み合いあって初めて物を噛むことができるのです。

【一口腔単位(いちこうくうたんい)】あごを含めた『口全体』として考えること一口腔単位の治療
そのため、そもそも歯の治療というのは「単に一本の歯をパーツとして捉えるのではなく、あごを含めた『口全体』として考えること」が重要です。

具体的には、

●すべての歯
●歯ぐき
●噛み合わせ

などを考慮し、お口を一つの器官として考えて診察、治療することが、本来あるべき姿なのです。一昔前の治療では、お口をパーツで捉え、一歯単位(いっしたんい)の治療が主流でしたが、それではお口全体を回復させることは難しく、そうした反省から出てきた考え方が、この「一口腔単位(いちこうくうたんい)」での治療という考え方です。

当院では、歯とお口の健康を快復・維持していくために、周りの歯や口腔内全体のバランスを考えた「一口腔単位」での治療を行っています。

「一口腔単位(いちこうくうたんい)」治療のメリット一口腔単位の治療
●「再治療」が少なくなる
悪いパーツだけを治療するのではなく、根本的な原因が改善されるため、再治療の可能性が少なくなります。

●もし再治療となっても簡単な処置で済む場合が多い
一旦根本的なトラブルの原因を改善することで、もし再治療が必要になった場合でも、簡単な処置で済む場合が多いです。そのため、治療期間の短縮と費用の軽減につながります。

●自分の歯を長持ちさせられる
根本的なトラブルの原因を改善することで、メインテナンスしやすくなります。そのため、ケアを続けていけば、結果的に自分の歯を長く使い続けられるようになるのです。

【症例】全顎治療(オールセラミック&メタルセラミック&インプラントの併用)
【症例】全顎治療(歯周病治療&上下奥歯インプラント6本、メタルセラミックブリッジ)


トップへ » 当院の特徴 » 審美治療


PAGE TOP