トップへ » 治療について » 治療症例 » オールセラミックブリッジの施術例 ジルコニアフレーム

オールセラミックブリッジの施術例 ジルコニアフレーム

主訴:交通事故で、前歯がぐらつく
左上1は歯根破折、歯槽骨骨折でしたが、ブリッジ補綴の前に、GBR(骨造成)も併用して、自然観を演出しました。
通常抜歯した部位は、歯槽骨が吸収し、周辺の歯と比較して陥没するため、歯の形態に違和感がでます。

オールセラミックブリッジ
抜歯前
次へ
オールセラミックブリッジ
抜歯後
次へ
オールセラミックブリッジ
施術後

オールセラミックブリッジオールセラミックブリッジ(ジルコニアフレーム)
抜歯後でも、歯の生え際も自然に表現できます。
歯の生え際と、欠損部の自然観が演出できます!


トップへ » 治療について » 治療症例 » オールセラミックブリッジの施術例 ジルコニアフレーム


PAGE TOP