トップへ » 医院案内 » 院長あいさつ・経歴 » 憧れだった医療の世界

憧れだった医療の世界

院長あいさつ幼い頃から医療の仕事に興味がありました。病気になって病院でお医者さんに接したり、救急病院を特集したテレビ番組で観て、「格好いいなあ」と思ったのがきっかけです。親戚のなかに歯科医師が一人いたことにも、影響を受けたかもしれませんね。

正直に言うと、大学に入った頃はあまり指先に自信はありませんでした。でも、実習を重ねることで手先が器用な事に気づき、ある日突然、「やればできる」と思うようになりました。今考えると、自分自身の思い込みだったようです(笑)。

それからは勉強も実習も、とても楽しくなりました。卒業後も新しい知識を身につけたくて、今でも積極的に研修や勉強会に参加しています。歯科医師になってからはいろんな歯科医院で勤務医として働きながら経験を積み、当院を開院するに至りました。


トップへ » 医院案内 » 院長あいさつ・経歴 » 憧れだった医療の世界


PAGE TOP