トップへ » 当院の特徴 » 院内設備

マイクロスコープ

マイクロスコープ当院ではより精密で確実な歯科治療を行うために、マイクロスコープを完備しております。マイクロスコープの導入により、精密でハイレベルな治療を進めること可能になり、また安全性も向上させることができます。

根管治療やインプラント治療などの高度な技術が必要となる歯科治療においてはミクロン単位の精度が求められます。その際に歯科医師の心強い味方となるのが、「マイクロスコープ」です。口腔内を肉眼の約20倍に拡大して見ることができます。

より緻密な処理ができるため、虫歯に侵された箇所のみを正確に削り取ることができるので健康な歯まで削ってしまうことはありません。また、審美的にも優れた治療になります。

マイクロスコープの特徴
・肉眼では確認できない非常に小さい部分まで確認できる
・虫歯治療などで必要最小限の部分だけを削ることができる
・治療自体の成功率が格段に高くなり、抜歯せずに済む可能性も高くなる
・1回の治療で確実に洗浄・殺菌等の処置ができるので治療期間の短縮に繋がる
・再治療の可能性も低くなることから、患者さまの精神的・肉体的な負担軽減となる

歯科用CT

歯科用CT当院では歯科用CTを導入しています。
インプラント治療をはじめとする、歯科治療の精密診断にはCTは欠かせないものとなっています。

一般的には、大学病院や提携のクリニックでCT撮影を行いますが、撮影までの期間が長くなり、日程の調整等を行っていただくため、患者様の負担も大きくなってしまいます。
しかし、歯科用CTを導入している当院では、診断から手術まで治療をスムーズに行うことが可能です。


従来の歯科治療は、x線写真による診断のみでしたがCTで3次元の立体レントゲン画像を撮影することにより、骨質、骨の高さなどの状態を正確に把握することが可能となり、より正確な診断、質の高い治療が実現できるようになりました。被ばく線量もごくわずかなので、安心してご利用いただけます。

歯科用CT歯科用CTを導入するメリット
(1)インプラントを入れる位置や方向のシミュレーションができる
(2)難易度の高い手術ができる
(3)事前に術部の確認ができるため、メスで開くことが少なく、患者さまの負担を軽減できる
(4)治療時間の大幅な短縮ができる ..etc

デジタルレントゲン

レントゲン

被曝
クリック拡大
レントゲン撮影をおこなうことで、綿密な治療計画を立てることができます。また、治療前の説明と施術後の経過のご説明のために使用いたします。 胸のレントゲンなどを撮るのに比べ、歯は面積が小さいので被爆量はほとんどありません。

Er:YAGレーザー

Er:YAGレーザー歯科医療用に開発されたレーザーです。硬い組織から軟組織、ポケット内照射まで幅広い治療に対応できます。Er:YAGレーザーは虫歯の部分だけを取り除くことができるため、浸食されていない部分を多く残すことができます。また、歯周病治療など多くの治療に使用します。

安全性が高く、痛みもほとんどない治療が可能
Er:YAGレーザーは水を含んだ生体組織に対する蒸散能力が高く、表層にのみ反応が起こり、熱の発生が微小なため、痛みが非常に少ないという特徴があります。このため、組織深部への影響が少なく妊娠中の方や高血圧、心臓病(ペースメーカー)の方でも安心して治療を受けていただくことができます。
また、痛みが非常に少ないレーザーなので、麻酔の必要性も少なく、歯医者嫌いなお子さまの虫歯治療にもとても効果的です。

心電図モニター

心電図モニター当院の治療は、全身の安全を第一に考えております。高血圧等の全身的リスクをお持ちの患者さまにおきましても、血圧だけでなく心電図等をリアルタイムで計測することで、処置中の危険を回避できます。全身状態の把握を行いながら安全な処置を行なうことができます。

口腔外バキューム

心電図モニター来院される患者様によりクリーンな環境で診療できるように導入しました。
というのも、歯や金属、プラスチックを削った時に大量の切削粉塵が発生します。
これらの診療室に浮遊する粉塵は、吸い込んだ人体に、当然ながら悪影響を及ぼす原因となってしまいます。

当院の各診療室に設置されている口腔外バキュームは、これらの治療中に口腔外へ漏れる有害な浮遊粉塵を吸引し、クリニックのスタッフはもとより、来院される患者様の健康を守ると同時に、診療室内をクリーンに保ってくれるのです。

ルーペ(拡大鏡)

心電図モニター米国・日本でシェアNo.1 世界の歯科医師が認める拡大鏡を使用しています。
医療用拡大鏡は口の中を拡大して見ることができる眼鏡です。"テレスコープ"とも呼ばれています。

先端の知識や治療技術があっても、見えていなければ経験や勘に頼って治療することになります。
テレスコープを使っている歯医者さんなら、拡大した患部がしっかり見えているので安心できます。
現代の歯科治療では、人間の裸眼が認識できるのは200μm(0.02mm)が限界です。
しかし、現代の一般的な歯科治療から審美歯科まであらゆる場面において、数十μm以下が見えている必要があります。

つまり、現代の歯科治療にいては、裸眼では必要とされているレベルを満たすことは難しいのです。
現在、日本の拡大鏡の普及率は約5%です。
妥協を許さないプロフェッショナルのこだわり、自分が受けたい治療を患者さんに提供したい。そんな思いから、当歯科医院では精密な治療を目指し、拡大精密治療をおこなっております。

口腔内撮影カメラ

口腔内撮影カメラインフォームドコンセントの記録として口腔内撮影カメラを活用しております。歯牙や歯肉の色調も忠実に再現できますので、撮影した写真を元にわかりやすく治療説明させていただくことができます。

歯面清掃機

歯面清掃機タバコのヤニやコーヒーや紅茶などの汚れをキレイにする器具です。微粒子パウダーと水を混合させ、エナメル質を痛める事なくクリーニングいたします。

感染対策

感染対策

治療時に使用する患者さまの着衣を保護するエプロン、うがいをしていただく際のコップ、歯ブラシ等を乗せるトレー等は滅菌パックした紙製品を使い、お一人おひとりディスポーサブル(使い捨て)になっています。

使用するミラーやピンセットは、滅菌パックに入れて、患者さまの前で開封いたします。また、高圧蒸気滅菌器、薬液滅菌などの各種滅菌機器を取り揃えていますので、小さなお子さまも安心して治療を受けることができます。


トップへ » 当院の特徴 » 院内設備


PAGE TOP