トップへ » 治療について » 一般歯科・無痛治療 » 【無痛治療】信頼関係を第一に、痛みを最小限に抑えるさまざまな工夫を行います

【無痛治療】信頼関係を第一に、痛みを最小限に抑えるさまざまな工夫を行います

無痛治療

歯医者は「痛い」「怖い」といって、虫歯をそのままにしていませんか?最近は、治療技術の進歩により、痛みをほとんど感じさせない治療ができるようになりました。

歯医者が嫌いという患者さまの多くは、治療中の痛みが怖いからではないでしょうか。確かに、治療中の痛みは苦痛です。そのため、当院ではできるだけ治療中の苦痛を抑える、痛みの少ない治療を行っています。

イメージや緊張から痛みを強く感じることもあります無痛治療
特にしばらく歯医者から足が遠ざかっていた方は、「痛い」「怖い」というイメージが膨らんでいるでしょう。そのため、初診時は院長が直接お話をうかがい、痛みの原因について詳しくご説明します。そうすることで信頼関係が生まれ、治療もリラックスして受けていただけます。

また、治療の際には、痛みを最小限に抑えるさまざまな工夫を行っています。たとえば、麻酔注射の前の表面麻酔や針を刺すときの工夫など、細部に至るまで気を遣っています。歯医者嫌いの方でも、安心して治療を受けていただけます。


トップへ » 治療について » 一般歯科・無痛治療 » 【無痛治療】信頼関係を第一に、痛みを最小限に抑えるさまざまな工夫を行います


PAGE TOP