トップへ » 治療について » 口腔外科 » 口腔外科とは

口腔外科とは

口腔外科

口腔内(口の中)や、顎(あごの骨)の外科治療を行うのが、口腔外科です。

●あごを動かすたびに関節がガクガク、ミシミシ音がする
●親知らずが痛い
●口を大きく開くことができない

といった、お悩みはありませんか?これらの症状がある方は、口腔外科治療が必要な場合があります。

<口腔外科で扱う疾患の例>
・埋伏歯(親知らずが痛い)
・顎関節症(開口障害、顎関節やその周辺の痛み)
・歯周病
・口内炎
・良性腫瘍(頬や舌にできものがある)
・顎嚢胞(あごの骨に腫れがある)
・粘液嚢胞(粘膜に腫れがある)
・舌小帯強直症(舌の下面の突っ張りが強く、舌の動きが悪い、など)
・外傷(口唇、舌、口の中のケガ)
・補綴前処置(歯肉移植、骨移植、再生療法など)

口腔外科必要ならば、抜歯も行います
抜歯はできるだけせず、天然歯を長く使うほうがいいのは間違いありません。しかし、抜かない・削らない治療を選択することで症状を悪化させる可能性もあります。そのような場合は、患者さまとよく話し合い、合意を得た上で抜歯をすることになります。

抜歯の経験は豊富ですので、短時間で、しかも痛みを少なく終わらせることができます。また、当院で手術を行うことが困難な場合は、提携する大きな病院をご紹介します。安心して、治療に取り組んでいただけます。


トップへ » 治療について » 口腔外科 » 口腔外科とは


PAGE TOP