トップへ » 治療について » 一般歯科・無痛治療

【無痛治療】信頼関係を第一に、痛みを最小限に抑えるさまざまな工夫を行います

無痛治療

歯医者は「痛い」「怖い」といって、虫歯をそのままにしていませんか?最近は、治療技術の進歩により、痛みをほとんど感じさせない治療ができるようになりました。

歯医者が嫌いという患者さまの多くは、治療中の痛みが怖いからではないでしょうか。確かに、治療中の痛みは苦痛です。そのため、当院ではできるだけ治療中の苦痛を抑える、痛みの少ない治療を行っています。

イメージや緊張から痛みを強く感じることもあります無痛治療
特にしばらく歯医者から足が遠ざかっていた方は、「痛い」「怖い」というイメージが膨らんでいるでしょう。そのため、初診時は院長が直接お話をうかがい、痛みの原因について詳しくご説明します。そうすることで信頼関係が生まれ、治療もリラックスして受けていただけます。

また、治療の際には、痛みを最小限に抑えるさまざまな工夫を行っています。たとえば、麻酔注射の前の表面麻酔や針を刺すときの工夫など、細部に至るまで気を遣っています。歯医者嫌いの方でも、安心して治療を受けていただけます。

【表面麻酔】麻酔を行う前に・・・

表面麻酔歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔をかけます。しかし、「麻酔そのものが痛かった」という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで当院では、麻酔のときは表面麻酔を使用し、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

表面麻酔とは、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させるために行なう麻酔法のことです。塗り薬のように患部に直接塗ることで、麻酔針を注入する際の「チクリ」をできるだけ減らすことができます。

【電動麻酔】注射の圧力をコンピュータで制御

電動麻酔実は、麻酔というのは針の刺さるときに加え、麻酔薬を注入する際にも痛みを感じます。それは、麻酔薬を注入するスピードによって圧力がかかるからです。

当院では、「電動麻酔」とよばれる特殊な装置を使い、ゆっくりと麻酔薬を注入します。それにより、麻酔を入れるときの、痛み・不快感を抑えます。

多くの患者さまから「痛みがほとんどなかった」「思った以上に、あっという間に治療が終わった」などの声をいただいています。

【当院の虫歯治療】根本的な原因からの解決をはかります

虫歯を治療するだけでなく、いつまでもキレイで健康な歯を保てるように、お口の中全体のことを考えた治療方法をご提案します。

当院の虫歯治療虫歯治療ですから痛みを取り除くことはもちろんですが、当院では「どうして虫歯になったか」を追求し、虫歯の根本的な原因を取り除くことにも力を注いでいます。

たとえば、虫歯とはあまり関係なさそうですが、「虫歯の原因が噛み合わせのズレにあった」ということはよくあります。その場合は虫歯治療とは別に噛み合わせの調整が必要になりますが、歯をキレイに長持ちさせるためには必要な処置だと考えます。

虫歯だからといって、ただ単に歯を削って詰め物をして終わりではありません。患者さまと相談しながら、お口の中がいつまでも健康な状態を保てるよう、最善の治療方法をご提案します。

ナイトガードをお勧めすることもあります
歯ぎしりにより噛み合わせに影響が出てしまうケースもあります。ナイトガードとは、歯ぎしり防止用のマウスピース。夜寝る時に装着することで歯やあごにかかる負担を軽減し、歯ぎしりの症状を和らげます。

虫歯の進行と治療方法

虫歯は、その進行状態によってCO~C4までの段階にわけられます。セルフチェックすることで、自分の歯の状態を的確に知ることができます。

COC0(Caries Observationシーオー:初期虫歯)
歯にまだ穴が開いていない、初期虫歯の状態です。歯を再石灰化させるためにフッ素とキシリトールを使い、改善していきます。

C1C1(エナメル質う触)
まだ痛みは感じませんが、すでに歯の表面のエナメル質には穴が開いています。そのままにしておくと進行し、削って詰める治療が必要になります。ただ、削る部分は最小限ですみます。

C2C2(象牙質う触)
まだ神経に届いていないので強い痛みはありませんが、虫歯菌はエナメル質の下にある象牙質にまで達しています。ときどき、しみる事もあるでしょう。歯を削って詰め物や、被せ物をする治療が必要です。

C3C3(神経まで達したう触)
すでに虫歯菌が神経に達し、歯髄炎を起こしています。場合によっては歯根膜に炎症を起こし、歯根膜炎になることもあります。治療としては麻酔をし、歯を大きく深く削って神経を抜き取ることになります。
最終的には、被せ物によって修復します。

C4C4(残根状態)
神経が死んでいます。痛みは少ないですが、虫歯菌によって心臓病や腎臓病を引き起こす可能性もあるでしょう。ここまでくればほとんどの場合、抜歯ということになります。


トップへ » 治療について » 一般歯科・無痛治療


PAGE TOP