トップへ » 治療について » インプラント

インプラント治療

インプラント治療

当院では国内でもトップクラスのシェアを誇る、スイス・ストローマン社のインプラントを使用しています。

インプラント●何でもよく噛める
●入れ歯のような不快感がない
●ブリッジのように他の歯を削る必要がない
●他の残っている歯を守ることができる
●見た目も美しい

虫歯や事故など、さまざまな要因により、人は歯を失います。インプラントとは、そのように欠損した歯の代用として使用する「人工歯根」のことです。

インプラント治療の最大のメリットは「天然歯に近い噛み心地」です。天然歯とほとんど変わらない感覚で物を噛んだり、会話を楽しくことができます。そのためインプラントは、乳歯、永久歯に続く第3の歯とも呼ばれています。

インプラント施術例(右上犬歯)
インプラントによる審美治療(ジルコニアオールセラミックの応用)
右上1歯:インプラント修復 左上1歯:オールセラミック修復
右上3歯:インプラント修復 左上2歯:オールセラミック修復

スタディグループに積極的に参加しています

インプラントの技術は日進月歩の進化を遂げています。常に最新の情報と技術を得るため、スタディグループにて研鑽を積んでいます。

インプラント治療患者さまに最適な治療を施すためには、それに応えるだけの選択肢がなくてはいけません。症例数だけが増えても、日々進歩するインプラント治療に対して学ぶ姿勢を忘れては、最善の治療を提供することはできないでしょう。

そのような想いから、現在でも月に2~3回、スタディグループの勉強会に参加し、技術と知識を身につける努力を続けています。また、講師の先生や他の医院で活躍する先生方と情報を交換し、難しい症例の場合は互いに協力し合う体制も整えています。

【当院のインプラント治療】ストローマンインプラント

●ストローマンインプラントの特徴
・約40年の歴史と実績
・最高クラスの機械的強度と治療成績
・国内トップレベルのシェア

ストローマンインプラント

インプラント治療で使用するインプラント体はどのメーカーも同じなのでは?

あなたはそんな風に考えていませんか?実はインプラント治療において、どのメーカーのインプラントを選ぶかはとても重要です。インプラント体によって、手術のスピードや術後の経過が大きく左右されるのです。

当院では、「ストローマン」とよばれるインプラント体を使用しています。ストローマンは世界中で約40年にわたる治療実績があり、非常に高い信頼性を誇っているインプラント体です。パーツを安定的に供給しているため、万が一術後にトラブルが発生したとしても、すぐさまパーツを取り寄せ、対処ができます。

インプラント治療の流れ

骨の状態が良い場合、ストローマンインプラントでは1回法のインプラント手術が基本です。また、術式が簡便なのも特徴です。

インプラント治療の流れ【STEP.1】カウンセリング
失われた歯の数・インプラントを埋め込む骨の量や質・位置、何本インプラントを埋めるかなど、治療の計画を立てます。ここでは2回法を紹介していますが、1回法を選ぶ場合もあります。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP.2】インプラントを埋め込む手術
ドリルなどの専門の器具を使い、インプラントを埋め込みます。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP.3】治療期間
1次手術の後、2~4ヶ月ほどでインプラントと骨が強い力で結合します。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP.4】歯肉を開く手術
歯肉を開いて人口の歯を取り付ける準備をします。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP.5】口の歯を製作・装着します
歯肉が治った時点で型を取り、人口の歯を作ります。形や色は患者さまにあわせて製作し、インプラントを取り付けます。

メンテナンスと定期健診について

インプラント治療インプラントを長く使用できるかは、毎日のケアと定期的なチェックがとても大切になってきます。装着後は半年に1回の定期健診をお約束して頂きます。

メンテナンスの大切さはカウンセリング時に十分に時間をとって説明します。資料などもお見せしますので、不明な点は何でもお聞きください。定期的にメンテナンスを行っていただいた場合のみ、3年間の保証期間を設けています。


トップへ » 治療について » インプラント


PAGE TOP