2012年6月29日 « トップへ » 2013年6月28日

2013年6月27日

歯科衛生士さん募集のお知らせ

『あおみ歯科』では、常勤、パートの衛生士さんを募集しております。

常勤 完全週休2日制(シフト制)
パート 平日の全日(9:30~13:00 14:30~19:00)&土曜 週2~3日から
平日(14:30~19:00)&土曜 週2~3日から

マニュアル新卒・既卒は問いません。
一緒に働いて頂ける方、ぜひ一度お電話にてご連絡下さい。
ご応募お待ちしております。 ~詳細は面談にて~

スタッフお手製の分かりやすい院内マニュアルがありますので、
安心してお仕事に取り組んでいただけます。

歯科衛生士 むらかみ

スタッフ紹介【好きな言葉】一期一会:いろんな人との出会いを大切にしたい

歯科医院に対して、恐怖心を持っている方はたくさんいらっしゃいます。そういう患者さまが少しでも安心して治療を受けられるよう、声掛けや明るい笑顔で接することを心がけています。患者さまが自分の歯で食べることができ、毎日健康で、笑顔でいられるように、これからもサポートしていきたいですね。

治療の後に「ありがとう」「またお願いしますね」と、声をかけられるとうれしいです。一人でも多くの患者さまに、「また行きたいな」と思っていただけるような歯科医院を目指して、スタッフみんなで頑張りたいと思います。

【院長はどんな人?】
私自身の歯を治療してもらうなら、ぜひ先生にお願いしたいと思える先生です!

受付・助手 かわて

スタッフ紹介【好きな言葉】一生懸命

体の健康を考えるのと同様に日々のブラッシングや定期的にお口の状態を検査することはとても大切に思います。
毎日の生活で食事や会話を楽しんだり、素敵な笑顔でいられるようにサポートできればいいなと思います。

歯科が苦手な方に「またお願いします」とお声を掛けていただいた時にとても嬉しい気持ちになりました。
苦手ではない方でも、ご予約を頂く際には、歯について関心を持ってくださるその気持ちを大切にしたいです。

【院長はどんな人?】
好きな言葉にもあるように、何事も一生懸命取り組むことの意味を教えて頂きました。
治療はとても丁寧です。

身内に施すような最善の治療を提供します

院長あいさつ

こんにちは、院長の青海津行です。当院は患者さまがいつでも安心してかかれる「地域で一番頼りになる歯科医院」を目指し、2010年9月に開院しました。健康な歯と笑顔を維持していただくため、ドクター、スタッフ共に日々研鑽を積んでおります。

治療にあたって心がけているのは、自分自身や家族、友人に施すような気持ちで、丁寧に真心をこめて行うことです。自分が受けたくない治療を平気でする。そんな歯医者さんにだけはなりたくないという想いを胸に、最新の治療技術と歯科知識を身につけるように心がけています。

また、治療後はよく噛め、しっかり話せるようになるのは当たり前です。機能回復のみならず、当院では見た目にも美しい審美性にこだわった治療を提供しています。患者さまが当たり前のように望む期待に応え、笑顔で帰っていただける治療を提供いたしております。

これからも患者さまにとって何が最善かを常に考え、「自分だったら」「自分の家族だったら」という気持ちを忘れず、最小限の治療で、最大限の効果を引き出す努力を続けて参りたいと思います。

憧れだった医療の世界

院長あいさつ幼い頃から医療の仕事に興味がありました。病気になって病院でお医者さんに接したり、救急病院を特集したテレビ番組で観て、「格好いいなあ」と思ったのがきっかけです。親戚のなかに歯科医師が一人いたことにも、影響を受けたかもしれませんね。

正直に言うと、大学に入った頃はあまり指先に自信はありませんでした。でも、実習を重ねることで手先が器用な事に気づき、ある日突然、「やればできる」と思うようになりました。今考えると、自分自身の思い込みだったようです(笑)。

それからは勉強も実習も、とても楽しくなりました。卒業後も新しい知識を身につけたくて、今でも積極的に研修や勉強会に参加しています。歯科医師になってからはいろんな歯科医院で勤務医として働きながら経験を積み、当院を開院するに至りました。

最高の治療とホスピタリティでお応えします

院長あいさつ自分や家族に施すような治療は、なにも私だけが心がけていることではありません。常日頃からスタッフともその気持ちを共有し、患者さまに心地よくご来院いただけるようにスタッフみんなと考えています。そうすることで患者さまの立場に立ったホスピタリティが実現すると思っています。

まだまだ至らない点があるかもしれません。しかし、スタッフ全員が患者さまを家族のような気持ちでお迎えする気持ちは変わりません。これからもスタッフ一丸となって、地域の皆さんに愛され、頼られる歯科医院を目指して参ります。

治療においては、しっかり「噛めて」、「美しく」、そして、「長持ちする」治療を心がけて参ります。すべての患者さまにどれ一つ欠くことなく提供できるように、これからも研鑽を積んで参ります。歯にトラブルを抱えた時は、ぜひお気軽にお立ち寄りください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

院長プロフィール

院長プロフィールあおみ歯科 院長 青海 津行

1996年 神奈川歯科大学 卒業
・厚生省認定 歯科臨床研修医 指導医
・日本口腔インプラント学会 認定医
・日本歯科先端技術研究所 会員
・東京SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)会員
・CID(Center of Implant Dentistry)会員
・ITI(International team for implantology)会員
・日本臨床歯科補綴研修会 修了
・SJCD Master Course 修了
・ITI Basic,Master,Advance Course 修了
・日本歯科医師会会員
・神奈川県歯科医師会会員
・横浜市歯科医師会会員
・旭区歯科医師会会員
・つぼみ保育園 園医

院長プロフィール院長プロフィール院長プロフィール院長プロフィール院長プロフィール院長プロフィール

予防歯科とは?

予防歯科

「治療をしたのに何度も虫歯になってしまう」「ブラッシングをしているのに、虫歯になりやすい」という方は、ぜひ予防歯科をご検討ください。

●歯医者さんには歯が痛くなってから行けばよいのでは?

あなたは歯についてこんな風に思っていませんか。予防歯科とは、これまでの「痛くなったら治療する」という考え方とは異なり、「お口の健康を維持する」という歯科スタイルのことです。

虫歯や歯周病の検査、噛み合わせのチェック、清掃、ブラッシング指導
当院では虫歯や歯周病になってから治療を行うより、お口の健康を維持できている状態がベストだと考えています。予防歯科では虫歯や歯周病の検査、噛み合わせのチェック、清掃、ブラッシング指導などを行います。

【当院の予防歯科】PMTC

PMTCどんなに歯磨きをしていても、お口の中にはどうしても磨き残しができます。このような箇所に細菌がたまり、集まった細菌は歯の表面に「バイオフィルム」と呼ばれる膜を張って固まってしまいます。

専門家によって行われる歯のクリーニング「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」なら、これらの汚れを除去し、歯の白さや健康な歯肉を取り戻します。虫歯、歯周病の予防だけでなく、口臭の改善などにも効果があります。

もちろん、痛みはなく、施術中に眠ってしまう方もいるほどです。ぜひエステ感覚でお試しください。

<PMTCの特徴>
・歯の白さや健康な歯肉を取り戻せる
・爽快感があって気持ちがいい

【当院の予防歯科】スケーリング

スケーリングスケーリングとは、歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石などを除去することで虫歯や歯周病を予防する治療法です。

歯石は唾液の中のカルシウムなどと歯垢が結合して固まった、「虫歯・歯周病・口臭」の原因になる細菌の塊です。

スケーリングでは超音波を使用して、石灰化した歯石まで簡単に除去できます。保険を適応できるため、比較的安価に治療ができます。

【当院の予防歯科】ブラッシング指導

ブラッシング指導歯は、歯医者での予防や治療だけでは守れません。自宅でのブラッシング不足が、虫歯や歯周病のおもな原因になるのです。

「磨いている」と「磨けている」には大きな差があります。しっかり磨いているつもりでも、歯と歯の間や奥歯の裏側などに歯垢が残っている可能性があります。

当院では、患者さま一人ひとりのお口の状態や歯並びなどに合った正しいブラッシング指導を行っています。

ホワイトニングとは?

ホワイトニング

当院では自宅で行う「ホームホワイトニング」と医院で行う「オフィスホワイトニング」、2つのホワイトニングをご用意しています。ライフスタイルに合わせて治療方法をお選びください。

●歯を傷つけることなく白くできる
●色(白さ)の調節ができる
●他の治療と比べて費用が安い

白い歯は美しく健康的に見えます。そして、何よりあなたの笑顔に最高の演出をすることでしょう。生まれつきの変色、加齢による変色、いずれの場合でも患者さまに合った方法で、歯を白くしていきます。

今までは、歯を白くするには歯を削って被せる方法しかありませんでした。しかし、今注目を集めている「ホワイトニング」なら、歯の表面に直接薬液を浸透させることで美白効果が得られ、歯を削ることなく白い歯を手に入れることができます。

【症例】ホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングホームホワイトニングとは、歯科医から指導を受け、ご自宅にて患者さまご自身が行うホワイトニングです。

患者さまの歯並びにフィットしたマウストレーを作成し、それに低濃度のホワイトニング剤を注入して装着します。手軽にできるのが特徴です。毎日2~8時間装着しているだけで、1~2週間程度で歯が白くなっていきます。寝ている間でも治療できるため、忙しい方にもお勧めです。

<ホームホワイトニングのメリット>
・低濃度の薬剤を使用するため、痛みが少ない
・透明感のある自然な白さを得ることができる
・ご自身のペースでホワイトニングができる
・後戻り(リバウンド)が少ない
・比較的安価である
・ホワイトバンドや白斑が認められる歯や軽度のテトラサイクリン歯にも適応

<ホームホワイトニングのデメリット>
・効果発現に時間がかかる
・象牙質やエナメル質が厚い歯では効果が得られるまで期間がかかる

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングオフィスホワイトニングは歯科医院にて行うホワイトニングです。

短期間で歯が白くなりますので、お急ぎの方に向いています。ただ、ホームホワイトニングよりも強い薬剤を使用するため、ときどきしみることもあります。白さをさらに追求したい場合にお勧めです。

<オフィスホワイトニングのメリット>
・効果発現が早い

<オフィスホワイトニングのデメリット>
・後戻り(リバウンド)が早い

インプラント治療

インプラント治療

当院では国内でもトップクラスのシェアを誇る、スイス・ストローマン社のインプラントを使用しています。

インプラント●何でもよく噛める
●入れ歯のような不快感がない
●ブリッジのように他の歯を削る必要がない
●他の残っている歯を守ることができる
●見た目も美しい

虫歯や事故など、さまざまな要因により、人は歯を失います。インプラントとは、そのように欠損した歯の代用として使用する「人工歯根」のことです。

インプラント治療の最大のメリットは「天然歯に近い噛み心地」です。天然歯とほとんど変わらない感覚で物を噛んだり、会話を楽しくことができます。そのためインプラントは、乳歯、永久歯に続く第3の歯とも呼ばれています。

インプラント施術例(右上犬歯)
インプラントによる審美治療(ジルコニアオールセラミックの応用)
右上1歯:インプラント修復 左上1歯:オールセラミック修復
右上3歯:インプラント修復 左上2歯:オールセラミック修復

スタディグループに積極的に参加しています

インプラントの技術は日進月歩の進化を遂げています。常に最新の情報と技術を得るため、スタディグループにて研鑽を積んでいます。

インプラント治療患者さまに最適な治療を施すためには、それに応えるだけの選択肢がなくてはいけません。症例数だけが増えても、日々進歩するインプラント治療に対して学ぶ姿勢を忘れては、最善の治療を提供することはできないでしょう。

そのような想いから、現在でも月に2~3回、スタディグループの勉強会に参加し、技術と知識を身につける努力を続けています。また、講師の先生や他の医院で活躍する先生方と情報を交換し、難しい症例の場合は互いに協力し合う体制も整えています。

【当院のインプラント治療】ストローマンインプラント

●ストローマンインプラントの特徴
・約40年の歴史と実績
・最高クラスの機械的強度と治療成績
・国内トップレベルのシェア

ストローマンインプラント

インプラント治療で使用するインプラント体はどのメーカーも同じなのでは?

あなたはそんな風に考えていませんか?実はインプラント治療において、どのメーカーのインプラントを選ぶかはとても重要です。インプラント体によって、手術のスピードや術後の経過が大きく左右されるのです。

当院では、「ストローマン」とよばれるインプラント体を使用しています。ストローマンは世界中で約40年にわたる治療実績があり、非常に高い信頼性を誇っているインプラント体です。パーツを安定的に供給しているため、万が一術後にトラブルが発生したとしても、すぐさまパーツを取り寄せ、対処ができます。

インプラント治療の流れ

骨の状態が良い場合、ストローマンインプラントでは1回法のインプラント手術が基本です。また、術式が簡便なのも特徴です。

インプラント治療の流れ【STEP.1】カウンセリング
失われた歯の数・インプラントを埋め込む骨の量や質・位置、何本インプラントを埋めるかなど、治療の計画を立てます。ここでは2回法を紹介していますが、1回法を選ぶ場合もあります。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP.2】インプラントを埋め込む手術
ドリルなどの専門の器具を使い、インプラントを埋め込みます。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP.3】治療期間
1次手術の後、2~4ヶ月ほどでインプラントと骨が強い力で結合します。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP.4】歯肉を開く手術
歯肉を開いて人口の歯を取り付ける準備をします。

次へ
インプラント治療の流れ【STEP.5】口の歯を製作・装着します
歯肉が治った時点で型を取り、人口の歯を作ります。形や色は患者さまにあわせて製作し、インプラントを取り付けます。

メンテナンスと定期健診について

インプラント治療インプラントを長く使用できるかは、毎日のケアと定期的なチェックがとても大切になってきます。装着後は半年に1回の定期健診をお約束して頂きます。

メンテナンスの大切さはカウンセリング時に十分に時間をとって説明します。資料などもお見せしますので、不明な点は何でもお聞きください。定期的にメンテナンスを行っていただいた場合のみ、3年間の保証期間を設けています。

口腔外科とは

口腔外科

口腔内(口の中)や、顎(あごの骨)の外科治療を行うのが、口腔外科です。

●あごを動かすたびに関節がガクガク、ミシミシ音がする
●親知らずが痛い
●口を大きく開くことができない

といった、お悩みはありませんか?これらの症状がある方は、口腔外科治療が必要な場合があります。

<口腔外科で扱う疾患の例>
・埋伏歯(親知らずが痛い)
・顎関節症(開口障害、顎関節やその周辺の痛み)
・歯周病
・口内炎
・良性腫瘍(頬や舌にできものがある)
・顎嚢胞(あごの骨に腫れがある)
・粘液嚢胞(粘膜に腫れがある)
・舌小帯強直症(舌の下面の突っ張りが強く、舌の動きが悪い、など)
・外傷(口唇、舌、口の中のケガ)
・補綴前処置(歯肉移植、骨移植、再生療法など)

口腔外科必要ならば、抜歯も行います
抜歯はできるだけせず、天然歯を長く使うほうがいいのは間違いありません。しかし、抜かない・削らない治療を選択することで症状を悪化させる可能性もあります。そのような場合は、患者さまとよく話し合い、合意を得た上で抜歯をすることになります。

抜歯の経験は豊富ですので、短時間で、しかも痛みを少なく終わらせることができます。また、当院で手術を行うことが困難な場合は、提携する大きな病院をご紹介します。安心して、治療に取り組んでいただけます。

親知らずの治療

親知らずがまっすぐ生えなかったり、炎症や虫歯を起こしてしまったときは、抜歯が必要になります。

親知らずの治療抜歯の治療時間は生え方によって左右されます。おおよその目安は、5~60分程です。親知らずが奥に埋まっている場合や歯と顎の骨が密着している場合は、歯肉の切開や骨を削る手術が必要な場合もあります。ただ、麻酔をするので痛みはありません。

たとえ親知らずとはいえ、抜歯に抵抗はあると思いますが、痛みや腫れがあるのに我慢し続けていると症状が悪化します。当院では、なるべく患者さまへの負担が少ない処置を心がけています。

親知らずは抜いた方がいい?
親知らずは口の中の一番奥に生えてくるため、ブラッシングしににくく、虫歯になりやすい歯です。歯垢などの汚れがたまりやすく、他の歯の虫歯や歯周病の原因になります。

もちろん、上下の親知らずがバランス良く並び噛み合っていれば抜く必要はありませんが、親知らずの痛みがある場合は細菌感染の可能性もあります。ぜひ、早めに当院までご相談ください。

抜歯後の注意点

口腔外科●抜歯をした日は安静に
抜歯後は激しい運動や長湯などは避けましょう。安静に過ごすことが一番です。また、抜歯後は血の塊(血餅)がゼリー状のかさぶたになります。口をゆすぐと血餅がとれてしまうので、抜歯当日は強く口をゆすがないようにしてください。

●腫れ
抜歯後、腫れることはほとんどありません。但し、上顎(あご)より下顎(あご)の治癒過程がやや遅いです。埋伏歯(まいふくし)の場合は、腫れることもあります。それは、身体が炎症を起こす創傷の治癒過程に起因するもので、投薬により症状は改善します。

●飲酒
飲酒は血の巡りをよくします。血行がよくなると患部に悪影響をおよぼす可能性があります。抜歯当日の飲酒・スポーツはお控え下さい。

【審美治療】歯の白さや、歯並びといった美しさに焦点を当てた歯科医療

当院の審美治療

審美歯科とは、歯の白さや、歯並びといった美しさに焦点を当てた歯科医療のことです。清潔で美しい歯並びは、見た目だけではなくお口の健康にもいい効果をもたらします。

●銀歯が見えるから笑えない
●笑顔に自信を持ちたい
●歯や歯肉の色が気になる

そんな悩みを抱えている方はいませんか?

歯は美味しく食べられる機能を持つと同時に、人の外見や顔の印象を左右する要素も持ち合わせています。当院ではその両方に焦点をあてて、患者さまの希望を取り入れ、その人に合うよう、歯並びや色を整え、口元の健康と健康美をご提案します。

【症例】メタルセラミック補綴の施術例 メタルセラミック~6本
【症例】メタルセラミックの施術例 メタルセラミック~4本
【症例】オールセラミックブリッジの施術例 ジルコニアフレーム
【症例】オールセラミックブリッジの施術例 金属アレルギー治療
【症例】上前歯部6歯治療(抜歯&小矯正&オールセラミックの併用)


なぜ「審美歯科」というのは費用がかかるのか?画像小
患者さまによっては、「歯科治療というのは、どこで受けても同じじゃないの?」と思われている方もいらっしゃいます。しかしながら、実は「治療の質」は歯科医院によって全く異なるのです。

例えば、義歯の技工は10年以上の付き合いがある、信頼できる歯科技工士にお願いしています。お口の中にフィットする最適な義歯を、歯科技工士と連携して作製いたします。

また審美歯科においては、「型取り」がとても重要になります。なぜなら、型取りをすることができないと、お口に合わない被せ物が出来上がってしまうからです。そこで当院では、より正確に型取りをするために、緻密に型取りをすることはもちろん、状態を正しく把握するために「歯ぐき」も含めた型取りをすることで、よりお口に合った被せ物を提供しています。

こうした手間(治療の工程&材料費&技工料)から、審美歯科ではどうしても様々な経費がかかってしまうのです。そのことだけは患者さまには理解をして頂きたいと考えています。しかしその分、機能・耐久性はもちろん、美しさにもこだわるプロフェッショナルな治療の提供をお約束いたします。

自費と保険の違いとは?

審美治療にも、保険治療自費治療の2つの治療方法があります。どちらにもメリット・デメリットがありますので、ご希望をうかがった上で最適な治療方法をご提案します。

自費と保険の違い審美歯科でよくたとえで使われるのが、既製服とオーダーメードの違いです。たとえば、既製服を眺めながら、「これ、もうちょっと色が濃ければいいのにな・・・」「このスーツ、見た目は良いんだけど、肩がこるんだよね」、と感じた経験はありませんか?

保険治療では、どうしても精度を求めることができないのです
これらと同じことが、歯科治療でもあるのです。保険治療は使える材料、金額が限られているので、使える時間も限られます。もちろん、その中でも、一人ひとりに応じた治療を行なうのですが、制約が多い分だけ、どうしても精度が落ちてしまうことは否めません。

その点、自費治療の場合には、使える時間や材料への制約が少ないので、充分に精度を上げることができます。それによって、噛み合わせの微妙なズレや、歯と被せ物の隙間などを、極限まで少なくすることが可能になるのです。

セラミックの詰め物・被せ物

見た目は美しく白く、なおかつ患者さまの身体に合った清潔で手入れのしやすい詰め物・被せ物をご提案しています。

オールセラミックオールセラミック
オールセラミックは、金属を一切使わずに、セラミックだけで詰め物・被せ物のことです。審美性が非常に高く、前歯の治療にも最適です。また、金属アレルギーの心配がないなどの理由から、多くの患者さまに喜ばれています。

<メリット>
・金属を使っていないため、金属アレルギーの方も安心
・審美性に非常に優れている
・耐久性に優れている
・磨耗しにくい

ジルコニアセラミックジルコニアセラミック
現在は、金属のかわりにジルコニアを使用することにより、自然で透明感のある白い歯をつくることができます。金属を使用していないため、金属アレルギーの方でも安心です。

<メリット>
・金属を使っていないため、金属アレルギーの方も安心
・審美性に非常に優れている
・耐久性に優れている
・磨耗しにくい

メタルセラミックメタルセラミック
金属でできた「被せ物」の外側を、白く透明感のあるセラミックで覆った人工の歯です。金属部分が見えないため、見た目もキレイで、変色しません。また、強度が高いメリットもあります。

<メリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない
・耐久性に優れている
・さまざまなケースに対応できる

ハイブリットセラミックハイブリットセラミック
セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた素材で作られたインレー(詰め物)、クラウン(被せ物)です。白く美しい色合いであることに加え、オールセラミックに比べて比較的安価なのが特徴です。また、非常に柔らかく、周囲の歯を傷つける心配もありません。

<メリット>
・白く美しい色合いが得られる
・比較的安価
・柔らかく、他の歯を傷つけない

ブリッジ

抜けた歯の両隣の歯を支えにして、橋を架けるように治療物を被せる治療法です。当院では見た目に美しい、さまざまな種類のブリッジをご用意しています。

オールセラミックオールセラミック
オールセラミックのブリッジとは、金属を一切使わずに、セラミックだけで行う治療のことです。金属を使わないため、歯と歯ぐきの間が変色しません。また、金属アレルギーの心配がないなどの理由から、多くの患者さまに喜ばれています。

<メリット>
・金属を使っていないため、金属アレルギーの方も安心
・審美性に非常に優れている
・耐久性に優れている
・磨耗しにくい

メタルセラミックメタルセラミック
メタルセラミックのブリッジとは、中の枠組み(フレーム)は金属で、外から見える部分をセラミックで覆ったブリッジのことです。見た目がきれいで、強度も強いので、よく選択される治療法です。

フレームに使用される金属は、金合金、白金加金などの貴金属の場合と、パラジウム合金、コバルトクローム合金、ニッケルクローム合金などの、銀歯の材料の場合があります。

<メリット>
・自然の歯に近い色合い
・色が変わりづらい
・天然歯に近い硬さをもっている

レジン前装冠レジン前装冠
白いプラスチックの裏側を金属で裏打ちしています。保険では前から1番目、2番目、3番目(前歯、犬歯)に使用します。

<メリット>
・保険適用なので安価
・修復が簡単

入れ歯(義歯治療)

当院では噛んだり、話したりする機能面だけでなく、美しさにもこだわった入れ歯(義歯)を取り揃えています。

金属床金属床
薄くつくれるので違和感が少なく、発音もしやすい入れ歯です。冷たいもの・温かいものも敏感に感じることができるので、美味しく食事ができます。患者さまに合った人工歯を使用するので審美的にも優れています。また、非常に軽く生体親和性に優れ、アレルギーの心配がありません。「たわみ」も小さく、適合が良いのも特徴です。

<メリット>
・強度が高く、薄くすることができる
・違和感が少なく、舌触りも良い
・熱伝導率が高く、食事時の満足感がある
・薄いため、発音機能に影響がない
・たわみが小さく、適合が良い

レジン床レジン床(保険の義歯)
レジン床義は、一般的に最も多く作られている義歯です。しかし、食べ物の熱さや冷たさに対する温度伝導が鈍く、また、強度を保つため床自体を厚くしたり、大きめに作ったりしなければなりません。金属床などに比べると「たわみ」が大きくなり、適合しにくいです。

<メリット>
・価格が安い
・比較的、修理が簡単

スマイルデンチャースマイルデンチャー
スマイルデンチャーは保険の入れ歯の約2分の1の軽さです。また、耐衝撃性は15倍なので、落としても割れないという特徴を持っています。若くして歯を失った方や、見た目上、バネのない入れ歯をご希望される方にお勧めしています。

<メリット>
・留め金がないので入れ歯だと気づかれない
・非常に柔らかく、装着感がよい

磁石式入れ歯(マグフィット)磁石式入れ歯(マグフィット)
磁石の力で入れ歯をピッタリとくっつける治療法のことです。これまでの入れ歯のように残っている歯に金属のバネをかけて支える方法では、支えとなる歯に負担がかかってしまいます。しかし、マグフィットは周りの歯に負担をかけません。

歯根に磁石にくっつきやすい金属を取り付け、入れ歯にも小型の磁石を埋め込み、強力な磁力でしっかりと入れ歯を固定します。

<メリット>
・装着、取り外しが簡単
・ピッタリ固定されている

【無痛治療】信頼関係を第一に、痛みを最小限に抑えるさまざまな工夫を行います

無痛治療

歯医者は「痛い」「怖い」といって、虫歯をそのままにしていませんか?最近は、治療技術の進歩により、痛みをほとんど感じさせない治療ができるようになりました。

歯医者が嫌いという患者さまの多くは、治療中の痛みが怖いからではないでしょうか。確かに、治療中の痛みは苦痛です。そのため、当院ではできるだけ治療中の苦痛を抑える、痛みの少ない治療を行っています。

イメージや緊張から痛みを強く感じることもあります無痛治療
特にしばらく歯医者から足が遠ざかっていた方は、「痛い」「怖い」というイメージが膨らんでいるでしょう。そのため、初診時は院長が直接お話をうかがい、痛みの原因について詳しくご説明します。そうすることで信頼関係が生まれ、治療もリラックスして受けていただけます。

また、治療の際には、痛みを最小限に抑えるさまざまな工夫を行っています。たとえば、麻酔注射の前の表面麻酔や針を刺すときの工夫など、細部に至るまで気を遣っています。歯医者嫌いの方でも、安心して治療を受けていただけます。

【表面麻酔】麻酔を行う前に・・・

表面麻酔歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔をかけます。しかし、「麻酔そのものが痛かった」という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで当院では、麻酔のときは表面麻酔を使用し、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

表面麻酔とは、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させるために行なう麻酔法のことです。塗り薬のように患部に直接塗ることで、麻酔針を注入する際の「チクリ」をできるだけ減らすことができます。

【電動麻酔】注射の圧力をコンピュータで制御

電動麻酔実は、麻酔というのは針の刺さるときに加え、麻酔薬を注入する際にも痛みを感じます。それは、麻酔薬を注入するスピードによって圧力がかかるからです。

当院では、「電動麻酔」とよばれる特殊な装置を使い、ゆっくりと麻酔薬を注入します。それにより、麻酔を入れるときの、痛み・不快感を抑えます。

多くの患者さまから「痛みがほとんどなかった」「思った以上に、あっという間に治療が終わった」などの声をいただいています。

【当院の虫歯治療】根本的な原因からの解決をはかります

虫歯を治療するだけでなく、いつまでもキレイで健康な歯を保てるように、お口の中全体のことを考えた治療方法をご提案します。

当院の虫歯治療虫歯治療ですから痛みを取り除くことはもちろんですが、当院では「どうして虫歯になったか」を追求し、虫歯の根本的な原因を取り除くことにも力を注いでいます。

たとえば、虫歯とはあまり関係なさそうですが、「虫歯の原因が噛み合わせのズレにあった」ということはよくあります。その場合は虫歯治療とは別に噛み合わせの調整が必要になりますが、歯をキレイに長持ちさせるためには必要な処置だと考えます。

虫歯だからといって、ただ単に歯を削って詰め物をして終わりではありません。患者さまと相談しながら、お口の中がいつまでも健康な状態を保てるよう、最善の治療方法をご提案します。

ナイトガードをお勧めすることもあります
歯ぎしりにより噛み合わせに影響が出てしまうケースもあります。ナイトガードとは、歯ぎしり防止用のマウスピース。夜寝る時に装着することで歯やあごにかかる負担を軽減し、歯ぎしりの症状を和らげます。

虫歯の進行と治療方法

虫歯は、その進行状態によってCO~C4までの段階にわけられます。セルフチェックすることで、自分の歯の状態を的確に知ることができます。

COC0(Caries Observationシーオー:初期虫歯)
歯にまだ穴が開いていない、初期虫歯の状態です。歯を再石灰化させるためにフッ素とキシリトールを使い、改善していきます。

C1C1(エナメル質う触)
まだ痛みは感じませんが、すでに歯の表面のエナメル質には穴が開いています。そのままにしておくと進行し、削って詰める治療が必要になります。ただ、削る部分は最小限ですみます。

C2C2(象牙質う触)
まだ神経に届いていないので強い痛みはありませんが、虫歯菌はエナメル質の下にある象牙質にまで達しています。ときどき、しみる事もあるでしょう。歯を削って詰め物や、被せ物をする治療が必要です。

C3C3(神経まで達したう触)
すでに虫歯菌が神経に達し、歯髄炎を起こしています。場合によっては歯根膜に炎症を起こし、歯根膜炎になることもあります。治療としては麻酔をし、歯を大きく深く削って神経を抜き取ることになります。
最終的には、被せ物によって修復します。

C4C4(残根状態)
神経が死んでいます。痛みは少ないですが、虫歯菌によって心臓病や腎臓病を引き起こす可能性もあるでしょう。ここまでくればほとんどの場合、抜歯ということになります。

【メンテナンス】定期的なメンテナンスで虫歯や歯周病を予防

メンテナンス

当院では治療だけでなく、予防にも力を入れてみなさまの歯の健康をお守りしています。

当院では治療後の定期的なメンテナンスをお勧めしています。これまでの歯科治療は「痛くなったら治療する」というのが基本的な考え方でした。しかし、今後は「お口の健康を維持する」という歯科スタイルが主流になるでしょう。

あなたの歯の健康を守り続ける方法とは?

メンテナンス●プロによるクリーニング「PMTC」
●専用器具で歯石を取る「スケーリング」

メンテナンスの方法としてはご自宅でのブラッシングはもちろんですが、歯科医師や歯科衛生士がお口の中の清掃を行う「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」や、専門の器具を使って歯石を除去する「スケーリング」などがあります。

定期的にチェックを行うことで虫歯や歯周病の予防になり、大切な歯をいつまでも健康に維持することができます。

予防歯科について詳しく知る

【インプラント治療】よく噛めて長持ちするインプラント治療

インプラント治療

当院では、約40年の歴史と実績を誇る「ストローマンインプラント」を採用しています。

●丁寧なカウンセリング
●最高クラスのインプラント体

患者さまがインプラントを希望するからといって、すぐに治療を行うわけではありません。まず、どうして歯を失うことになったかを考え、どのような治療が最善かを一緒に考えることからはじめます。将来のことやコストパフォーマンスを踏まえ、それでも必要であれば具体的な治療についてご説明します。

安心・安全のインプラントメーカーを使用インプラント
当院のインプラント治療では、スイスのITI(International Team for oral Implantology)により開発された「ストローマンインプラント」を使用します。ストローマンインプラントは最高クラスの機械的強度と治療実績を誇り、世界で500万人以上の患者さまが治療を受けています。

また、ストローマンインプラントはパーツを安定的に供給しているため、万が一術後にトラブルが発生しても、すぐさまパーツを取り寄せ、対処することが可能です。安心できるインプラント治療をご希望なら、ストローマンインプラントをお勧めします。

インプラントについて詳しく知る

清潔でオシャレな院内。快適な治療をお約束。

院内環境

2010年9月に開院した当院は、リラックスできてキレイな院内が話題となり、若い患者さまも増加しています。

【無痛治療】痛みの少ない治療を心がけています

無痛治療

歯医者が苦手な人でも通いやすいように、痛みの少ない治療を提供しています。

歯医者が怖い原因のひとつに、「何をされるかわからない」という不安があります。歯医者に限らず、先がわからないと誰でも不安になるものでしょう。当院では丁寧に治療内容を説明するカウンセリングをしっかり行なうことで、治療に対する痛みや恐怖を緩和します。

電動麻酔●表面麻酔
●電動麻酔

また、多くの患者さまは、虫歯治療の前にする麻酔注射が苦手ではないでしょうか。当院では歯ぐきに麻酔薬を塗ることで注射の痛みを和らげる表面麻酔や、麻酔の痛みをさらに和らげるために、麻酔液の注入時の圧力を自動で調節する電動注射器を使います。

痛いのが怖いという方は、ご遠慮なさらずにお伝えください。決して急がずに、患者さまのペースに合わせた治療を行わせていただきます。

一般歯科、無痛治療について詳しく知る

【カウンセリング】丁寧なカウンセリング。患者さまのベストを考え尽くす

カウンセリング

しっかりと説明した上で、患者さまが納得した治療だけを提供しています。ただ、専門的な立場から「患者さまのためにならない」と判断した治療は、いくら望まれても提供いたしません。

当院では、たとえば「右の奥歯が痛い」という患者さまがいたら、どんな痛みなのか、いつ頃から痛むようになったかなど、詳しくお聞きします。その後、虫歯がどことどこにあって、どんな程度かといった現状を具体的にわかりやすくご説明します。

顕微鏡やカメラ撮影を行い、お口の中をご確認いただくカウンセリング
患者さまに虫歯の状況をわかりやすくお伝えするために、位相差顕微鏡や口腔内撮影カメラを利用します。

位相差顕微鏡とは、鮮明な画像で生きたままの口腔内の細菌を、患者さま自身が観察できるものです。口腔内撮影カメラで撮影した画像は歯牙や歯肉の色調も忠実に再現するため、状況をよりわかりやすく理解していただけます。

治療メニューも詳細に説明し、インフォームド・コンセントを徹底しています。そのため、どのような治療法があって、それぞれがどう違うかをご理解していただいた上で治療を選択していただけます。

患者さまが不利益になるような治療はお断りをすることもあります
ただ、いくら患者さまが望まれても、患者さまが不利益になるような治療はお断りをすることもあります。

例えば、

●「見た目は美しいけれども、明らかに噛めなくなる」
●「確かに一時しのぎはできるが、長期的に見ると、長持ちしない」

といった場合です。

当院では、いくらお望みでも、明らかに患者さまが不利益になる治療は提供いたしません。その上で判断していただき、納得していただいた治療だけをご提供いたします。

【審美治療】機能・耐久性はもちろん、美しさにもこだわる治療

審美治療

手間も時間もかけた、最大限の効果を発揮する審美治療を提供しています。そのため、率直に言ってしまうと、どうしても「費用」がかかってしまうこともあります。

なぜ当院の審美歯科治療では、「費用」がかさんでしまうのか?
患者さまによっては、「歯科治療というのは、どこで受けても同じじゃないの?」と思われている方もいらっしゃいます。しかしながら、実は「治療の質」は歯科医院によって全く異なるのです。

例えば、同じ白い被せ物を入れる治療でも、

●当院では美しく長持ちする歯を提供するために、他の医院に比べて何倍ものステップを踏みます。
●一流の技工士の方にお願いをし、被せ物そのものの素材はもちろん、模型材や型取りの印象材にまでこだわり、限りなく天然の歯に近いフィット感・機能を持たすようにしています。
●日夜、最新のセミナーや講習会に参加し、技術習得に手間と時間をかけてのぞんでおります。

そのため、どうしても材料費にプラスして、「技術費」というのがかかってしまうのです。そのことだけは患者さまには理解をして頂きたいと考えています。しかしその分、機能・耐久性はもちろん、美しさにもこだわるプロフェッショナルな治療の提供をお約束いたします。

審美歯科について詳しく知る

審美治療「歯が痛い」といってご来院いただく患者さまは、痛みを取ることを望まれています。でも、本当にそれだけでしょうか。多くの患者さまは治療をすることで痛みが取れることはもちろん、よく噛めるようになったり、以前よりも歯並びが良くなったりすることを期待されています。

当院の審美治療は患者さまが「痛くない」「よく噛める」などの当たり前のように求めているものはもちろん、見た目の美しさや持ちの良さも追求して治療をします。

患者さまのお口にフィットする被せ物や入れ歯を提案し、少しでも長持ちするようにキレイに、丁寧に治療を進めていきます。

お口のすべてを任せられる。そんな歯科医院に出会ってますか?

唐突にお聞きします。あなたは一本の歯だけで物を噛んでいますか?もちろんそんなことはないですよね。

当然ですが、一本の歯だけでは物を噛むことはできません。上の歯と下の歯が噛み合いあって初めて物を噛むことができるのです。

【一口腔単位(いちこうくうたんい)】あごを含めた『口全体』として考えること一口腔単位の治療
そのため、そもそも歯の治療というのは「単に一本の歯をパーツとして捉えるのではなく、あごを含めた『口全体』として考えること」が重要です。

具体的には、

●すべての歯
●歯ぐき
●噛み合わせ

などを考慮し、お口を一つの器官として考えて診察、治療することが、本来あるべき姿なのです。一昔前の治療では、お口をパーツで捉え、一歯単位(いっしたんい)の治療が主流でしたが、それではお口全体を回復させることは難しく、そうした反省から出てきた考え方が、この「一口腔単位(いちこうくうたんい)」での治療という考え方です。

当院では、歯とお口の健康を快復・維持していくために、周りの歯や口腔内全体のバランスを考えた「一口腔単位」での治療を行っています。

「一口腔単位(いちこうくうたんい)」治療のメリット一口腔単位の治療
●「再治療」が少なくなる
悪いパーツだけを治療するのではなく、根本的な原因が改善されるため、再治療の可能性が少なくなります。

●もし再治療となっても簡単な処置で済む場合が多い
一旦根本的なトラブルの原因を改善することで、もし再治療が必要になった場合でも、簡単な処置で済む場合が多いです。そのため、治療期間の短縮と費用の軽減につながります。

●自分の歯を長持ちさせられる
根本的なトラブルの原因を改善することで、メインテナンスしやすくなります。そのため、ケアを続けていけば、結果的に自分の歯を長く使い続けられるようになるのです。

【症例】全顎治療(オールセラミック&メタルセラミック&インプラントの併用)
【症例】全顎治療(歯周病治療&上下奥歯インプラント6本、メタルセラミックブリッジ)


2012年6月29日 « トップへ » 2013年6月28日


PAGE TOP